Home » 未分類 » 介護休業アピールできてますか?

介護休業見直しが厚生労働省の有識者研究会で

 

話されているようです。

 

多くの介護事業所の方とお話を聞くと

 

育児休業の話はよく聞くのですが、

 

介護休業制度に関して、触れている事業所が少ないように

 

感じています。

 

この介護休業の取得者の割合は3.2%にとどまっています。(中日新聞社説8.13社説)

 

介護休業は現在、介護が必要な家族一人につき最長93日取得することができる。

 

休業中は雇用保険からの賃金の40%は給付される。

 

それが、あまり知られていない。

 

この前、応募に来られた40代男性の求職者の例で言うと、

 

現在 運送関係の仕事をしていて、

 

今後家族の介護が必要になった時、今のままでは何もできないので

 

いっそのこと介護施設で仕事をしようと思うので

 

いいところはないかと相談を受けた。

 

その求職者が考えていたことは、自分が働いている会社に

 

もしも自分の親が介護が必要になった時に、親を預けることができる

 

そんなところを探していた。

 

紹介をさせてもらい 未経験でしたが、仕事は決まりました。

 

こういう方もいるということです。

 

自分の親の将来に不安をもっている人がいます。

 

そういう人に向けて決められた介護休業の範囲を少し広げて

 

介護事業所としてアピールするのも一つの手ではないでしょうか?

人材採用・定着のご相談はこちら

この記事を書いた人

柚木博考 介護ヒューマンリソースコンサルタント
株式会社ユノモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。