Home » 採用 » 介護職の求人広告を出す前に、、、

久しぶりにメディア会社の社長と会った。

 

この会社は、15年以上も前からメディアを発行している。

 

その社長との話の中で

 

『うちの媒体なぜ継続できているかって話なんだけど、結局求人なのよ』

 

『求人は営業をかけなくても頂けるんだよね。』

 

そうなんですね

 

『でも求人って足りなくなったから募集すればいいという感覚で出す

 

 中小企業ってあるよね』と話がでた。

 

どういうことかというと、

 

会社の想いとか

 

どうありたいとか そのあたりを踏まえた上で

 

募集をするのが本質であるということ

 

でも、中小企業は、人材がいないから、

 

とりあえず求人広告を出すという

 

ことが多々あるという話でした。

 

聞いていて思ったのが、

 

確かに、人材がいないからすぐに広告を出すのはわかります。

 

でも一旦じっくり考えることは

 

非常に大事だと思います。

 

会社の想い以外に

 

なんで今回募集するのか?

 

退職者がでた場合、何か自社に過ちはなかったか?

 

同じことを繰り返さないためにどうするのか?

 

どんな人がほしいかなど

 

一旦立ち止まって考えることは大事です。

 

そうすることで、同じ理由で辞める人の数は

 

減る可能性がでてくる。

 

また、募集する目的も明確になるので

 

効果がでやすいと思いますよ

 

マインドの部分ですが、

 

長く働いてもらう人を採用していくためには

 

必要な要素だと思います。

 

人材採用・定着のご相談はこちら

この記事を書いた人

柚木博考 介護ヒューマンリソースコンサルタント
株式会社ユノモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。