Home » 採用 » 介護事業所が派遣を利用する理由

この前、派遣会社を長く利用している介護事業所の方に

なぜ派遣を利用しているのか?を改めて伺ってみました。

 

最初利用した時は、自社で応募が来ないから仕方なく利用したという話でした。

そこでいろいろな雑談が入り、

再度なぜ利用しているのか?の話になった時

全く違う答えが返ってきました。

それは、『人のことに関わると時間が結構かかるから』だということでした。

 

多くの直接雇用の人の問題だけでなく、経営のことを考える時間も必要。

そこで、コストがかかってでも有益な時間がとることができるという話でした。

自社社員の場合、人材のことやその他のことも

何かあると社内の担当者がすぐに動かなければならない。

けれども派遣の場合、派遣の営業担当者に言えばすぐに動いてくれる。

派遣会社としての機能として、本来人材を紹介するというだけではなく

本来の仕事に集中するための時間を提供しているのだと思いました。

 

派遣会社を活用する場合、これは会社にもよりますが、派遣先企業は、

働く人のプライベートな部分はあまり関わらない。

そこを派遣会社の営業担当が把握して

担当者に必要な箇所だけ伝えることで時間の負担を減らしています。

施設には、多くの職員がいるので、一人づつの細かな対応をしていると

かなりの時間が無くなる。

だからこそ全体を見て、全職員のうち、一定数は派遣会社を利用していくことで

まず目の前の時間を確保しているようでした。

そして、ある程度落ち着いてきた時に、

人材の採用計画を見直し、自社採用 その派遣社員の人を直接雇用化へと進めていくと

土台を作っていけると思います。

もし、派遣会社の利用は全く考えていないということでしたら、

時間を作るという観点でみてもらうと違う効果を感じられるかもしれません。

御社は、どういう目的で派遣を利用されておられますか?

 

人材採用・定着のご相談はこちら

この記事を書いた人

柚木博考 介護ヒューマンリソースコンサルタント
株式会社ユノモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。