Home » 教育 » まず、1000日は続けてみる。

この前、編集長の畑君にいつまで続けるんですか?

土日は休んでもいいと思うのですがと

提案を受けた時の話なのですが、

「私自身1000日は続けてみようと思っている」という話をしました。

 

1000日には理由があって、私の実家のある滋賀県の比叡山に

1000日修行(千日回峰行というそうです)というものがあったり、

以前経営者の塾に入っていた時も1000日間続けていたり、

自分勝手に関連をさせています。

about_001-400x267

 

 

 

 

 

四国八十八箇所めぐりをした時もすべてのお寺をまわったり

何かをやりきったという感覚を味わいたいというものがあります。

 

この前あった経営者で15店舗飲食店やっておられる方は、

7年半毎日ブログをやっていると言っていました。

回数にすると2737回すごい人もいるものだなと

改めて感じた次第です。

その方に話を聞いたところ、国語の成績は2だったけど

読んでくれている人が増えているんだよねと

 

お店の売上には貢献しているんですか?と伺ったところ

売上に貢献しているよとおっしゃっていました。

 

継続すると何かが見えてくる。そんなことを考えています。

 

人材採用・定着のご相談はこちら

この記事を書いた人

柚木博考 介護ヒューマンリソースコンサルタント
株式会社ユノモ

One thought on “まず、1000日は続けてみる。

  1. 匿名 より:

    1000日修行、聞いたことあります。継続することは大変なことと思いますが、それが結果に結びついたり信用信頼と繋がったりするのでしょうね。読み手ですがまとめ読みとなることもあり、申し訳ないのですが・・・継続は力なりですね。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。