Home » 未分類 » 人はなぜ働くのか?

最近考えて考えていること

 

それは、人はなぜ働くのか?

 

人はなぜ働くのかを一緒に考えたい。

 

 

先日 大手証券会社会長の話を聞いて 感銘をうけたので

 

シェアしたい  そして 一緒に考えたい

 

その話は、『利他のすすめ』 大山泰弘さんの本 からの引用とあった。

 

 

 

障がい者の方が、仕事に対して非常に一所懸命に働いた。

 

なぜ国からの保護があるのにこんなにまじめに働くのか

働く必要はないはずなのにと疑問に思い

 

その社長がお坊さんに質問した

 

 

なぜ 人は働くのですか?

 

 

その質問にお坊さんは

人間には4つの喜びがあると

そのうち3つは仕事で叶えられる。

 

  1. 人に愛されること
  2. 人にほめられること
  3. 人から必要とされること
  4. 人の役に立つこと

 

人に愛されること以外は、仕事で叶えられると

 

けれど、一生懸命に仕事をすれば 人に愛されることも仕事で達成すると言っていた。

 

なぜ人は働くのだろう

 

あたり前ですが、生きていくためですよね

 

お金を稼ぐため それが大前提

 

でもそれだけでは、面白くない

 

一人で生きているわけではなく だれかと関わって生きている。

 

関わりの中で、 自分という人間を知ってもらいたい

と思うのだろう

 

そして、自分が提供するもの(価値)を認めてほしいと思うのだろう

 

私は、これらの環境の整備が私たちの仕事なのだろうと思う。

 

このテーマは、私たちがずっと考えて実行していかないといけないものと思う

 

また、一緒に考えたいです。

 

人材採用・定着のご相談はこちら

この記事を書いた人

柚木博考 介護ヒューマンリソースコンサルタント
株式会社ユノモ

One thought on “人はなぜ働くのか?

  1. koga より:

    働く理由、これらをどうやって伝えていくのか?
    大きな課題です。
    短時間ではどうにもならん、少しずつ少しずつかなとは思いますが。

    人に愛されること
    人にほめられること
    人から必要とされること
    人の役に立つこと

koga にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。